NEW

【天皇賞・秋(G1)展望】JRA古馬最強決定戦! 武豊マカヒキ&復活レイデオロが「王者」スワーヴリチャードと激突!

【天皇賞・秋(G1)展望】JRA古馬最強決定戦! 武豊マカヒキ&復活レイデオロが「王者」スワーヴリチャードと激突! の画像1

 いよいよ決戦の時が来る。10月28日、東京競馬場の天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)で秋競馬は一つのピークを迎える。フルゲートでなくともG1馬は7頭集った。昨年は極悪馬場だったが、今年は良馬場での熱戦が期待できそうだ。伝統の大一番を展望する。

 主役はスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)。昨年から大阪杯(芝2000メートル)がG1となり、キタサンブラックが大阪杯と天皇賞・秋を制して春秋2000メートルG1の初代統一王者になった。スワーヴリチャードは今年の大阪杯の覇者。ここを勝って2代目統一王者に就くのが任務となる。鞍上は主戦のM.デムーロ騎手。

【天皇賞・秋(G1)展望】JRA古馬最強決定戦! 武豊マカヒキ&復活レイデオロが「王者」スワーヴリチャードと激突! の画像2

 右回りでは内によれる癖があり、府中でこその馬。ここをあっさりと勝って、ジャパンC(G1、芝2400メートル)でアーモンドアイ(牝3歳)との対決が実現すれば日本競馬は大いに盛り上がる。安田記念(G1、芝1600メートル)以来の実戦となるが、外厩システムの整った現代競馬において一流馬の休み明けは不安要素とはならない。

 昨年のダービー(G1、芝2400メートル)、スワーヴリチャードは2着だった。優勝したのはレイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。前走オールカマー(G2、芝2200メートル)でダービー以来の勝ち星を上げた。ただし、内をすくっての勝利でダービー馬にふさわしい豪快さに欠けた。本番へ向けての調整が注目されていた。

【天皇賞・秋(G1)展望】JRA古馬最強決定戦! 武豊マカヒキ&復活レイデオロが「王者」スワーヴリチャードと激突! の画像3

 ところが、1週前追い切りで騎手が馬を止め下馬するというアクシデント。ぼこぼこした馬場に脚を取られただけとのことで、藤沢調教師は「何の心配もない」と不安を吹き飛ばした。万全の状態でレースに臨んでほしい。鞍上は絶好調のC.ルメール騎手。

【天皇賞・秋(G1)展望】JRA古馬最強決定戦! 武豊マカヒキ&復活レイデオロが「王者」スワーヴリチャードと激突! のページです。GJは、競馬、JRAスワーヴリチャードマカヒキレイデオロ天皇賞武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!