NEW

JRA菊花賞「3000m無意味さ」に呆然......最後まで動かないままルメデム劇場に"無抵抗"だった日本人騎手

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA菊花賞「3000m無意味さ」に呆然......最後まで動かないままルメデム劇場に無抵抗だった日本人騎手の画像1

「動かない......まったくここまでは動きのない展開」

 21日に京都競馬場で行われた菊花賞(G1)は、C.ルメール騎手のフィエールマン(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)が優勝。最後の直線でM.デムーロ騎手のエタリオウとの壮絶な叩き合いを制し、17年ぶりの関東馬優勝に導いた。

 まさに「ルメール時代」の到来を告げたような勝利だった。

 ルメール騎手はこれで先週の府中牝馬S(G2)から秋華賞(G1)、富士S(G3)、そして菊花賞と重賞騎乗機会4連勝。特にこの秋はアーモンドアイで牝馬三冠を達成するなど、重賞9勝と絶好調。G1勝利も5勝目と年間最多記録にあと1と迫った。お手馬のラインナップを考慮すれば、記録更新も視野に入って当然だろう。

 今回の勝利もゴール直後はエタリオウに競り負けたと思い、デムーロ騎手に「おめでとう」と言ってしまったようだ。そんな大接戦を制したのも、今のルメール騎手の神通力たる所以か。対するデムーロ騎手も、大レースでの勝負強さを見せつけたミルコらしい騎乗だった。

 しかしその一方、"ルメデム劇場"を難なく許してしまっている多くの日本人騎手には、一抹の寂しさを覚えたファンも少なくなかったようだ。現地の記者が語る。

「いや、"お行儀の良いレース"でしたね。3000mという長丁場でしたが、最後の直線を迎えるまでほとんど動きなし......。レースを観ていたファンから『これ、2周回る意味あるの?』という声も聞かれました。

はっきり言ってルメールとデムーロ騎手以外の騎手は、ほぼ無抵抗のままやられたという印象。『長距離戦は騎手の駆け引きが魅力』なんて時代はもう終わったのかもしれません」(競馬記者)

JRA菊花賞「3000m無意味さ」に呆然......最後まで動かないままルメデム劇場に"無抵抗"だった日本人騎手のページです。GJは、競馬、JRAデムーロルメール菊花賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!