NEW

天皇賞・秋(G1)サングレーザー「府中2000m」不安とは。札幌で距離克服も問題が、モレイラで克服?

【この記事のキーワード】

, ,

天皇賞・秋(G1)サングレーザー「府中2000m」不安とは。札幌で距離克服も問題は「持久力」で......の画像1

 28日、東京競馬場で天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)が行われる。2000メートルの古馬頂上決戦だが、マイル路線を走ってきたサングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)が出走する。J.モレイラ騎乗もあって上位人気が予想される。どんな走りを見せてくれるのか、その可能性を探ってみる。

 サングレーザーは昨年3歳の秋、マイルCS(G1、芝1600メートル)で3着に好走し、マイル路線の有力馬の1頭になった。4歳になった今年、マイラーズC(G2、芝1600メートル)を勝って安田記念(G1、芝1600メートル)に挑んだが5着。陣営は次のレースとして2000メートルの札幌記念(G2)を選択。マカヒキ(牡5歳)、モズカッチャン(牝4歳)といったG1馬を相手に優勝し、2000メートルに不安のないことを証明した。

 まず、サングレーザーのマイル戦での走りを見てみよう。デビューから7戦目までは武豊騎手が手綱を取り、ほぼ先行していた。マイル戦ではないがホープフルS(当時G2、芝2000メートル)では4角で外から2番手に押し上げ、直線に入るや先頭に立っている。そして、武豊騎手が後方から大外を強襲するパターンを確立したのが7戦目の500万下での優勝。8戦目からは福永騎手が手綱を取り、大外強襲パターンも受け継いだ。

 マイル戦でのベストパフォーマンスが今年のマイラーズCだろう。ロジクライ(牡5歳)が逃げたが、直線に入るや後の安田記念馬モズアスコット(牡4歳)が早々と先頭に立つ。エアスピネル(牡5歳)が中団から伸びるが、後方からサングレーザーが大外強襲パターンを披露して、2着モズアスコットに1馬身1/4差をつけた。

 では2000メートルでどんなレースをしたのか、札幌記念を振り返ってみる。福永騎手は中団の内7番手につけた。前に壁を作るとペースに戸惑うことなく折り合っている。ところが直線に入っても前の壁が開かずに追えない。外からマカヒキとモズカッチャンが伸びてきて、この2頭で決まりかと思われた。しかし、ゴール前100メートルあたりで福永騎手は狭い所をこじ開けてスパート。マカヒキとハナ差の接戦をものにした。このレースではサングレーザーの一瞬の鋭い切れ味が際立った。

天皇賞・秋(G1)サングレーザー「府中2000m」不安とは。札幌で距離克服も問題が、モレイラで克服?のページです。GJは、競馬、サングレーザーモレイラ天皇賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!