NEW

JRA「武豊後継」川田将雅"外国人天国"阻止へ! アルアイン「中距離トップクラス」が久々マイルでも「追い風」

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA「武豊後継」川田将雅外国人天国阻止へ! アルアイン「中距離トップクラス」が久々マイルでも「追い風」の画像1

 18日、今年最後の京都競馬場でのG1、マイルCS(G1、芝1600メートル)が開催される。栗東の名門池江泰寿厩舎はペルシアンナイト(牡4歳)、アルアイン(牡4歳)、ジャンダルム(牡3歳)の3頭を送り出す。中距離のトップクラスとして上位人気に支持されそうなアルアインに注目し、馬券圏内に入れるのかどうかを探ってみる。

 アルアインは昨年の皐月賞(G1、芝2000メートル)の優勝馬。しかし皐月賞後、好走しているものの勝てないレースが続く。とはいえ大阪杯(G1、芝2000メートル)ではスワーヴリチャード(牡4歳)、ペルシアンナイトに続く3着。確かな底力を持っている。今回の焦点となるのは久々となるマイル戦。

 マイルを走った経験はデビューからの3戦のみ。新馬戦と500万特別を連勝。続く重賞初挑戦となったシンザン記念(G3、芝1600メートル)は6着だった。しかし、直線でかなりの不利があり、やっと追い出してからは良く伸びた。父はディープインパクト。マイルのG1馬も多く出しているので問題はない。母系はどうだろうか。

 母はドバイマジェスティ。アメリカの短距離ダートで活躍し、BCフィリー&メアスプリント(G1、ダート1400メートル)を勝っている。母の距離実績から昨年のダービー出走時には距離が長いという指摘もされた。ただし、日本ダービー(G1、芝2400メートル)は5着、菊花賞(G1、芝3000メートル)は7着とまずまずの走りはしている。これは3歳時3冠レースをすべて好走したエアスピネル(牡5歳)と似ている。

 エアスピネルは3歳時からマイルがベストとも言われていた。実際に4歳からマイル路線に転向するとマイルの重賞を2つ勝ち、目標のマイルCSはハナ差の2着だった。皐月賞を勝っているだけにアルアインのマイル待望論はそれほどなかったが、母の血がマイルでこそ生きてくる可能性はある。先日のエリザベス女王杯、さんざん距離が長いと指摘されたリスグラシュー(牝4歳)が見事優勝した。競馬では、単純な実績だけでは見えないものもある。

JRA「武豊後継」川田将雅"外国人天国"阻止へ! アルアイン「中距離トップクラス」が久々マイルでも「追い風」のページです。GJは、競馬、JRA.武豊アルアインマイルCS川田将雅の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!