NEW

JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?"外国人旋風"が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?外国人旋風が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感の画像1

 現在6週連続G1勝利と「外国人騎手旋風」が吹き荒れている昨今の競馬界。武豊騎手が持つ年間212勝の更新に向け、リーディングをひた走るC.ルメール騎手の4週連続G1制覇に始まり、ここ2週もJ.モレイラ騎手とW.ビュイック騎手がそれぞれ日本G1初制覇。まさに時代は「カタカナ騎手」だ。

 秋華賞(G1)のアーモンドアイ、菊花賞(G1)のフィエールマン、天皇賞・秋(G1)のレイデオロ、JBCスプリント(G1)のグレイスフルリープ......ルメール騎手による怒涛の快進撃で幕を開けた外国人騎手劇場。

 次週のエリザベス女王杯(G1)ではモレイラ騎手が、武豊騎手で何度も2着に泣いたリスグラシューであっさりとG1制覇。先週のマイルCS(G1)でも、ゴール前はステルヴィオのW.ビュイック騎手とペルシアンナイトのM.デムーロ騎手との壮絶な叩き合いだった。

 世界に認められる外国人騎手たちの共演は、レースレベルの高さを物語っているともいえるが、ここは日本。「日本人騎手」の活躍に期待するファンも決して少なくはない。

 その筆頭に立つのは、やはり世界的な名声を得ている武豊騎手か。現在リーディング3位と日本人最多勝を上げている戸崎圭太騎手か。それとも今年悲願のダービー制覇を成し遂げた次代のエース福永祐一騎手か......。

 いや、今一度冷静にこの秋のG1結果を振り返ってみると今、日本人騎手で最も頼りになるのは川田将雅騎手に違いない。

JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?"外国人旋風"が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感のページです。GJは、競馬、JRAキセキ川田将雅武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!