NEW

東京五輪中止へ?JOC竹田恒和会長を仏が起訴。「女性轢き殺した」「超コネ」森喜朗氏と同様のふんぞり?

東京五輪中止へ?JOC竹田恒和会長を仏が起訴。「女性轢き殺した過去?」森喜朗氏と同様のふんぞり?の画像1

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動に汚職の疑いがあったとして、招致委員会理事長を務めていた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対する刑事訴訟の手続きを始めたことが分かった。

 招致委員会はシンガポールにあるブラックタイディングス社の代表にコンサルタント料として2億円超の大金を支払っていた。その人物が国際オリンピック委員会(IOC)の選考委員で、大きな力をもつラミン・ディアク氏の息子と深い関係にあり、この金が賄賂として渡ったという疑惑が浮上。フランスが捜査に動き出したのだが……。

 2016年5月には衆議院予算委員会に参考人として出席した竹田氏。「コンサルティング料」「正当な手続き」を強調し、選考委員の息子との関係も「知らなかった」としている。

 とはいえ、高すぎるコンサル料やペーパーカンパニー疑惑など「正当な手続き」というのはあまりにも?な情報ばかりが目についていた。刑事訴訟手続きに至るのも自然といえば自然か。

「日本の世間一般が五輪開催に歓喜したのは一瞬のみ。その後はエンブレム問題に競技場ならびに開催にかかる費用の問題などゴタゴタ続き、かつ汚職ですからね。夢も希望もあったもんじゃないですよ。こうした流れから『中止説』まで出ていますが、それを歓迎する声まである始末です。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は2016年、「NEWS23」(TBS系)に出演し、大会経費が大幅に増える問題について『最初から計画に無理があった』と発言。その計画をコントロールしマネジメントするのがトップの務めでしょう。招致する側も運営する側も穴だらけ。開催が失敗してもおかしくはないですね」(記者)

東京五輪中止へ?JOC竹田恒和会長を仏が起訴。「女性轢き殺した」「超コネ」森喜朗氏と同様のふんぞり?のページです。GJは、スポーツ、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!