NEW

東京医科大学の入試不正に現役医師の6割が理解示す 医療現場の働き方改革に「期待していない」ことも理由か

【より】

東京医科大学の入試不正に現役医師の6割が理解示す 医療現場の働き方改革に「期待していない」ことも理由かの画像1
Thinstock/Photo by Sergey Tinyakov

 東京医科大学が一般入試の点数を操作し、女子受験生らの合格者数を抑えていた問題は、医療現場の深刻な疲弊をも浮き彫りにした。現場で働く医師の間では「確かに差別はいけないが、そうは言っても、本当に女性医師は途中離脱してしまうから……」という葛藤もあるようだ。

▼西川史子「東京医大に限らないです。全部がそうです」

 株式会社エムステージは8月8日、男女103名の医師に対して「東京医科大学の女子一律減点に関するアンケート調査」を実施。その結果、女子の一律減点を「理解できる」(18.4%)、「ある程度は理解できる」(46.6%)と、6割以上の医師が理解を示していることがわかった。

▼医師の65.0%が東京医科大学の女子一律減点に「理解できる」

「許容はできないが、やっぱりこういうこともあるのかという気持ち」
「妊娠出産での欠員を埋めるようなバックアップシステムが不十分であることも事実です」
「我々男性医師が深夜12時過ぎまで働いたり、当直の肩代わりなど、現実の負担増を考えると東京医大がやったことも必要悪として気持ちはわかる」

 このように、「理解できる」と回答した医師は、女性差別は良くないとしつつも、今回の騒動は“必要悪”と捉え“仕方なさ”や“諦め”を感じているようだ。

東京医科大学の入試不正に現役医師の6割が理解示す 医療現場の働き方改革に「期待していない」ことも理由かのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事